泥棒が嫌う防犯砂利のこと|古典的でも十分な防犯効果

エクステリア

音による防犯効果を

防犯のための方法はいろいろあります。その中に、音による防犯として砂利を利用する方法があります。砂利の上を歩くと大きな音を発生させ、その音は家の中にまで届くために侵入者の存在を知らせる効果があります。そのため、防犯として最適なアイテムです。

鍵と家

アナログで考えたい防犯

泥棒の侵入経路になりやすい窓の安全性を高めたい時は、下に防犯用の砂利を敷きましょう。防犯用の砂利であれば踏みしめた際に大きな音が鳴ります。防犯用の砂利は軽いですから、女性一人でも敷きやすいのが魅力的です。

砂利を使って防犯をする

砂利

砂利を使う際の注意

防犯用品というとカメラやセンサーなどがイメージされますが、他にも砂利を使ったものも存在します。この防犯砂利は単純に足音がするというだけのものですが、泥棒などからするとかなり厄介な代物となっているのです。どうやっても足音がしてしまうので近隣住民に存在をアピールすることになるので、防犯砂利が存在するだけで泥棒を予防することが可能となります。ただ、これはあくまで他の防犯用品のサポートに使うように気を付けましょう。あまり過信せず、鍵としっかりかけ、カメラやセンサーなどを使うようにするべきです。そうすることで確実に住宅の防犯は成功します。そういったことに注意し、気をつけて防犯砂利を庭や通路などに敷きましょう。

使い方で知っておくこと

防犯砂利を導入する際は適切に砂利を敷かなければなりません。上手く使わなければ音が上手く響かず、その効果は大きく妨げられてしまいます。具体的には砂利を土の上に敷く場合は必ず雑草を根こそぎ排除しておきましょう。雑草をそのままにして使うと防犯砂利が草に覆われてしまい、音が出なくなってしまいます。他にも砂利の素材をしっかり選別しなければなりません。間違った用途の砂利を選んでしまうと、猫がトイレに使ったりなどのトラブルが生じてしまいます。防犯砂利は電力を使わず、そのまま敷いて置くだけで効果を発揮する優れた防犯用品です。上手く運用し、住宅の安全を守っていきましょう。そうすれば泥棒の侵入や下見などを未然に防ぐことが可能となります。

砂利

十分な効果を発揮するため

防犯砂利を敷く際は、雑草対策と厚さに気をつけましょう。雑草は、しっかりと処理を行わないと防犯効果を発揮できず、見た目も汚くなります。また、一定の厚さを確保できない場合には音が出ないこともあるので、防犯効果を維持するためにも厚さが重要になります。