泥棒が嫌う防犯砂利のこと|古典的でも十分な防犯効果

アナログで考えたい防犯

鍵と家

窓を守る

一戸建てを建てる際はシステムとアナログの両方からセキュリティを固めておけば手堅く住人の安全を守ることができます。泥棒が入れない住まいを作る上で重要になるのは侵入経路です。一般的に侵入者は玄関ではなく窓から家に入り込みますので、窓の下には防犯用の砂利を敷いておくと良いでしょう。防犯用の砂利は普通の砂利と違って踏みしめた時に大きな音がします。泥棒は自分の侵入が周囲にバレることを恐れますので、こうした家には近寄りづらくなります。砂利を敷く際は二階や三階の窓の下にも敷いておきましょう。泥棒の中には一階ではなく上部の階を狙うケースもありますので、より一層安全性を高めることができます。防犯用の砂利の中にも白や赤などカラフルなものがありますから、庭の明るさも上がります。

設置が簡単

セキュリティシステムは年々新しいものが開発されていますし、導入するためには住まいの工事が必要になります。しかし砂利は購入後に手間ひまかけずに敷けるのが魅力的です。防犯用の砂利は音は大きくても軽い種類がありますので、女性が一人で設置する上で簡単です。大量に購入したい場合はインターネット通販を利用すれば、持ち運びする必要がありません。こうした砂利を敷く際は、まず庭の雑草を除草して、整地しましょう。雑草を減らしたい方であれば、その上に防草シートを敷いてから砂利を撒きます。高齢者の一人暮らしでこうした作業が難しい場合は、除草作業を請け負ってくれる業者に依頼すると良いでしょう。あらかじめ、防草シートと防犯用の砂利を設置できるか訊ねておきましょう。